ボクシングファイトマネー負けたらどうなる?決め方・仕組みや最高額も調査

ボクシングファイトマネー決め方や仕組みは?最高額や負けたらどうなるのかも調査
ボクシングファイトマネー決め方や仕組みは?最高額や負けたらどうなるのかも調査
スポーツ

 

この記事を読んでいる人は、

「ボクシングファイトマネーって負けたらどうなるの?」
「決め方・仕組みや過去の最高額も知りたい

と思っているのではないでしょうか。

しかし、いざ詳しく知りたいと思っても、さまざまな情報が出ているため、どれを見ればいいか分からず困ってしまいますよね。

では、ボクシングファイトマネーは負けたらどうなってしまうのでしょうか?

そんな人のために今回は、

  • ボクシングファイトマネー負けたらどうなるのか徹底追求
  • 決め方・仕組みや最高額も調査

上記の内容で記事を書いてみました。

この記事を見れば、ボクシングのファイトマネー事情のすべてが分かります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

\今なら在庫あり/

 

ボクシングファイトマネー負けたらどうなる?

ボクシングのファイトマネーは、興行主が試合から得られると推定した興行収入額(スポンサーや入場料・広告料・テレビ放映権料の収入)から決定されます。

そのため、試合をする前にファイトマネーは決定されて契約もおこなわれるので、試合に勝っても負けてもファイトマネーは両選手に契約どおり支払われます。

日本でもアメリカでも、選手の所属ジムはこのファイトマネーから33%のマネジメント料が得られる取り決めとなっているため、その差し引き分が選手の手元に入るという仕組みです。

契約の内容によっては、試合に勝った選手より負けた選手の方が、高額のファイトマネーを得たという、なんとも不思議な事例も多くあります。

 

\今なら在庫あり/

 

ボクシングファイトマネー決め方・仕組みや最高額も調査

怪物・井上尚弥選手の2団体4階級統一で盛り上がりを見せている日本ボクシング。

そんなボクシング界ですが、選手のファイトマネーは一体どのように決められているのでしょうか。

ここでは、過去の試合のファイトマネーの最高額と共に、詳しく解説していきます。

  1. プロボクサーに給料はない
  2. ボクシングファイトマネーは決められている
  3. お客を集められるかでファイトマネーは跳ね上がる
  4. ボクシングファイトマネー最高額はメイウェザー

 

それではみていきましょう。

 

プロボクサーに給料はない

プロボクサーという職業は、試合をおこなって初めてファイトマネーが手に入るため、基本的に給料という概念がありません。

要するに、ボクシングのプロライセンスを取得しても試合をしない限り、収入はいつまで立ってもゼロの状態ということ。

そのため、世界チャンピオンや有名選手を除いては、基本的にボクシング以外で生計を立てて、それ以外の時間をボクシングの練習に費やしているのです。

 

ボクシングファイトマネーは決められている

ボクシングのファイトマネーのベースの金額というのは、試合をおこなう選手の持っているライセンスにより異なります。

C級ライセンスの選手であれば6万円、B級ライセンスの選手であれば10万円、A級ライセンスの選手であれば15万円以上、日本タイトルマッチのチャンピオンであれば50万以上といった感じです。

ここから、所属ジムへ支払うマネジメント料33%を差し引いた金額が選手の手元に入ります。

一般的に、有名選手ではないプロボクサーの年収は、50万から200万円程度といわれています。

 

お客を集められるかでファイトマネーは跳ね上がる

ボクシングというのは、興行権を持っている興行主が日程や会場、対戦相手のすべてを決めることが出来、それによってスポンサーや入場料・広告料・テレビ放映権料の収入などを踏まえた上で、選手のファイトマネーが決定されます。

現在のボクシングのファイトマネーは、選手の実力や試合の勝敗ではなく、エンタメとして興業的に成功したかが重要視されているのが現状です。

亀田興毅選手を例に挙げると、彼はボクシングの実力は疑問視されていましたが、注目度は高かくお金を稼げる選手という認識から、多くのスポンサーが付きゴールデンタイムでTV中継もされたため、ファイトマネーも跳ね上がりました。

一方で、たとえ実力抜群の世界チャンピオンであっても、人気がなくお客を集められない選手は、スポンサーも付かずTV中継もされないため、ファイトマネーも微々たるもの

 

ボクシングファイトマネー最高額はメイウェザー

今までのボクシング歴史上でのファイトマネー最高額は、2015年5月2日におこなわれた「メイウェザーVSパッキャオ」戦でメイウェザーが手に入れた1億8000万ドル(約216億円)といわれています。

日本でおこなわれた試合での最高額は長い間、1994年伝説の試合「WBC世界バンタム級王座統一戦・辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」戦で両者が手に入れた1億7000万円でした。

しかし、2022年4月10日「WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦・村田諒太vsゲンナジー・ゴロフキン」戦で村田諒太選手が6億円に更新。

さらに、2023年12月26日におこなわれた「ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体王座統一戦・井上尚弥VSマーロン・タパレス」戦で井上尚弥選手が7億〜10億(推定)に更新しました。

 

 

\今なら在庫あり/

 

まとめ:ボクシングのファイトマネーは人気選手ほど高額になる

今回の記事では以下のことについて詳しくまとめてみました。

  • ボクシングのファイトマネー負けたらどうなる?勝ち負けに関係なく両選手に支払われる
  • ボクシングファイトマネー決め方や仕組みは?お客を集められるかで選手ほどファイトマネーは跳ね上がる

  • 最高額はメイウェザーの1億8000万ドル(約216億円)

 

今回、ボクシングのファイトマネー負けたらどうなるのか調べたところ、試合前に契約しているので、勝ち負けに関係なく両選手に支払われるということが分かりました。

また、ボクシングのファイトマネー決め方や仕組みの調査しましたが、ボクシングの実力に関係なく、どれだけお客を集められるかでファイトマネーも跳ね上がるということ調査結果に。

過去のファイトマネー最高額は、「メイウェザーVSパッキャオ」戦でメイウェザーが手に入れた1億8000万ドル(約216億円)でした。

ボクシングファイトマネーの情報は、まだまだ更新されることが予想されますので、新しいものが入り次第、随時追記していきます。

 

\今なら在庫あり/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です