ジャニーズ退所者一覧は?2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査

ジャニーズ退所者一覧は?2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査
ジャニーズ退所者一覧は?2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査
アイドル

 

この記事を読んでいる人は、

「ジャニーズ退所者一覧は?」
「2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも知りたい」

と思っているのではないでしょうか。

しかし、いざ詳しく知りたいと思っても、さまざまな情報が点在しているため、どれを見ればいいか分からず困ってしまいますよね。

では、2023年はどのようなメンバーがジャニーズ事務所を退所したのでしょうか?

そんな人のために今回は、

  • ジャニーズ退所者一覧を徹底追求
  • 2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査

上記の内容で記事を書いてみました。

この記事を見れば、今のジャニーズ事務所の現状が分かります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

ジャニーズ退所者一覧は?

2019年頃からジャニーズ事務所を退所するタレントが増えだし、今年2023年にはジャニー喜多川氏の問題が再燃する中、多くのジャニタレが事務所を後にしました。

ここでは、2023年辞めジャニメンバーを一覧で紹介していきます。

  1. 2023ジャニーズ退所メンバー一覧

  2. 今後ジャニーズ退所と噂のジャニタレは

 

それではみていきましょう。

 

2023ジャニーズ退所メンバー一覧

2023年以降にジャニーズ事務所を退所したメンバーは次のとおり。

 

三宅健

2023年5月にジャニーズ事務所を退所した元V6の三宅健さん。

その後、自身の44歳誕生日である7月2日、滝沢秀明さんが設立した新事務所「TOBE」に合流することを、公式YouTubeチャンネルの生配信より正式に発表しました。

TOBEに合流した辞めジャニ第1号となりました。

 

平野紫耀

キンプリでセンターを務めていた平野紫耀さんは2023年5月にジャニーズ事務所を退所。

その後、三宅健さんに続いて七夕の7月7日にTOBEへの合流を正式に発表しました。

 

神宮寺勇太

平野さんと同日にジャニーズ事務所を退所した神宮寺勇太さん。

その後、7月7日平野さんと一緒にTOBEへ合流しました。

 

岸優太

9月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する予定の元キンプリメンバー岸優太さん。

今後の活動の詳細はまだ明かされていません

 

北山宏光

元キスマイの人気メンバー北山宏光さんは8月いっぱいでジャニーズ事務所を退所しました。

「もっといろんなことに挑戦し第二の人生を歩んでみたい」とコメントを残しているので、今後新たな活躍をみせてくれるのではないでしょうか。

 

インパクターズ 

インパクターズは5月25日、メンバー7人全員でジャニーズ事務所を退所しました。

その後の7月14日、TOBEにメンバー7人全員で移籍。

同時にグループ名は「インパクターズ(IMPACTors)」から「アイエムピー(IMP.)」に改められることも発表されました。

 

今後ジャニーズ退所と噂のジャニタレは

2023年は多くのタレントが退所する自体が続いていると前述しましたが、ジャニーズ全体の立ち位置が危ぶまれているなか、退所ラッシュまだまだ続いていくと予想されます。

現時点で、ジャニーズ事務所を退所するのではないかと噂されているタレントは次のとおりです。

  • KinKi Kids・堂本剛
  • Snow Man・ラウール
  • Snow Man・岩本照
  • 関ジャニ∞・大倉忠義

 

詳細はまだ発表されていないので、上記メンバーの退所は噂の域を超えるものではありません。

しかし、今やジャニーズ事務所はジャニー喜多川問題で山場を迎えています。

所属タレントも厳しい目に晒されている状態が続いているので、問題が長引くほど事務所を退所するタレントも増えていくことでしょう。

 

 

ジャニーズ2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査

所属タレントの多くが退社していく大きな原因となったであろうジャニーズ喜多川氏問題

ここでは、その始まりから現在に至るまでのながれをまとめています。

  1. ことの発端はBBCの放送

  2. ジャニーズ事務所が会見を開く

  3. ジャニタレ起用解除の動き 

 

それではいきます。

 

ことの発端はBBCの放送

今大きな話題となっているジャニーズ告発はいつ始まったのか、ことの発端は、2023年3月8日英国公共放送「BBC」により放送された「Predator: The Secret Scandal of J-Pop」というドキュメンタリー番組。

その内容というのが、ジャニーズ事務所の創業者「ジャニー喜多川氏」による、所属タレントへの性加害を特集したものでした。

番組内では実際にジャニー喜多川氏から性被害を受けたとされる、元ジャニーズJr.所属のタレント3名が顔出しで出演し、被害内容を次々に証言。

あまりにも生々しく、衝撃的な証言内容により、世界各国で波紋を呼びました。

 

ジャニーズ事務所が会見を開く

8月29日、外部再発防止特別チームにより、ジャニー喜多川氏の性加害について、長期間に渡り性加害を繰り返していたという事実が認められました。

この事実を受けて、ジャニーズ事務所は記者会見を開き、社長である藤島ジュリー景子氏の辞任、同時に元少年隊の東山紀之氏の社長就任を発表しました。

しかし、ジャニー喜多川氏の創設した社名が変更されていない点や、藤島ジュリー景子氏が会社の株を100%保有している点により多くの人の批判を招く自体に。

「結局もともとの体質は変わらないのではないか」といった疑問の声も多く挙がっています。

 

各社でジャニタレ起用解除の動き

現在、ジャニー喜多川氏の問題により、各企業がジャニーズとの契約を見直し始める自体に陥っています。

相葉雅紀氏がCM出演しているの東京海上日動火災保険が、ジャニーズ事務所との契約解除を検討していると発表。

また、Snow Manをミンティアのイメージキャラクターに起用している、アサヒグループホールディングスが広告契約を更新しないことを明らかにしました。

ジャニーズ事務所は今でも日本トップの芸能事務所ですので、急にすべてのタレントの出演契約が解除されるということは考えにくいですが、問題が長引けばこの流れも続き、それに伴い退社するタレントも増えていくでしょう。

 

 

まとめ:ジャニーズ事務所は今後も増えていく

https://twitter.com/swy0129/status/1699705060257857823?s=20

今回の記事では以下のことについて詳しくまとめてみました。

  • ジャニーズ退所者一覧は全部で12人
  • 2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのか?ジャニー喜多川氏の問題が発端

 

今回、ジャニーズ退所者一覧で調べてみたところ、2023年は12人のタレントが退所していることが分かりました。

2023なぜ退社・脱退ラッシュは始まったのかも調査しましたが、現在騒がれているジャニー喜多川氏の問題が発端なのではという調査結果に。

現在、各企業がジャニーズとの契約を見直し始める事態に陥っているため、この状況が長引けば、今後も退所するメンバーも増えていくことでしょう。。

ジャニーズ退所者の情報は、まだまだ更新されることが予想されますので、新しいものが入り次第、随時追記していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です