怪盗キッドの父親は生きている?黒羽盗一の死因は黒の組織かや怪盗コルボーの正体も調査

怪盗キッドの父親は生きている?黒羽盗一の死因は黒の組織かや怪盗コルボーの正体も調査
怪盗キッドの父親は生きている?黒羽盗一の死因は黒の組織かや怪盗コルボーの正体も調査
アニメ

 

この記事を読んでいる人は、

「怪盗キッドの父親は生きている?」
「黒羽盗一の死因は黒の組織に関係がある?」
「怪盗コルボーの正体も知りたい


と思っているのではないでしょうか。

しかし、いざ詳しく知りたいと思っても、さまざまな情報が点在しているため、それを見ればいいか分からず困ってしまいますよね。

では、怪盗キッドの父親は現在も生きているのでしょうか?

そんな人のために今回は、

  • 怪盗キッドの父親は生きているのか徹底追求
  • 黒羽盗一の死因は黒の組織かや怪盗コルボーの正体も調査

上記の内容で記事を書いてみました。

この記事を見れば、怪盗キッドの父親である黒羽盗一の秘密が明らかになります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

\在庫残りわずか/

 

怪盗キッドの父親は生きている?

名探偵コナンの大人気キャラであり、初登場から根強いファンを多く持つ怪盗キッド

怪盗キッドの父親は作中では死んだとされていたのですが、その件につきまして新情報が入りましたので紹介していきます。

  1. 現在の怪盗キッド黒羽快斗は2代目

  2. 怪盗キッドの父親は現在も生きていた

 

それでは見ていきましょう。

 

現在の怪盗キッド黒羽快斗は2代目

怪盗キッドとは青山剛昌氏の人気作「まじっく快斗」の主人公であり、「名探偵コナン」では主人公コナン最大のライバルとして、たびたび作中に登場する名物キャラクターです。

大きなマントに白いタキシード、シルクハットというジェントルマンな出で立ちで登場し、王子様のように甘いキザなセリフを口にしながら、颯爽と宝石を盗んでいくスマートな姿にファンも多く抱えています。

現在の怪盗キッドの正体は、江古田高校に通っている普通の高校生・黒羽快斗という人物ですが、実は彼は2代目怪盗キッド。

「初代怪盗キッド」は黒羽快斗の父親・黒羽盗一、ちなみに母・黒羽千景は「怪盗淑女(ファントム・レディ)」ですので、親子揃って怪盗一家であることも分かっています。

 

怪盗キッドの父親は現在も生きていた

初代怪盗キッドの黒羽盗一は作中ではある組織に殺害されており、その仇討のために2代目怪盗キッド黒羽快斗は宝石を盗んでいるとなっています。

しかし、2024年に公開された劇場版「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」からの新情報によると、殺害されたとされている初代怪盗キッドの黒羽盗一はまだ生きていることが分かったのです。

作中で、黒羽盗一と工藤新一に父親である工藤優作の2人が連絡を取りあっているシーンがあったので、こちらはまぎれもない事実ということ。

なぜ生きていることを秘密にしていたかは、まだ明かされていませんので、今後どのように描かれていくのか期待しましょう。

 

怪盗キッドの名付け親は工藤優作

怪盗キッドとは世界的にみても有名な犯罪者であり、海外ではもともと「怪盗1412」と呼ばれていました。

しまし、ある若い小説家が、新聞記者が殴り書きの「1412」という数字を見ときに「KID」に見えると発言したことから、怪盗キッドの名で浸透しました。

この若い小説家というのが、当時ベストセラー作家となる前の工藤新一の父親・工藤優作であり、キッドの名付け親となったのです。

ちなみに、あまり知られてはいませんが、初代怪盗キッド黒羽盗一と工藤新一は実は双子の兄弟です。

 

\今だけポイント2倍/

 

怪盗キッドの父親黒羽盗一の死因は黒の組織かや怪盗コルボーの正体も調査

ここでは、怪盗キッドの父親である黒羽盗一の死の真相や、謎の多いキャラクター怪盗コルボーの秘密について深掘りしていきます。

ぜひ、参考にしてみてください

  1. 黒羽盗一は黒の組織に殺害された

  2. 怪盗コルボーの正体は黒羽盗一と判明

 

それではいきましょう。

 

黒羽盗一は黒の組織に殺害された

黒羽盗一の表向きの死因は「マジックショー中の不慮の事故」とされていますが、実は真の死因は別にあるといわれています。

それは、不老不死になると言い伝えられている、伝説のビックジュエル「パンドラ」を狙う黒の組織によって、不慮の事故に見せかけて殺害されたというものです。

この事実を知った2代目怪盗キッドの黒羽快斗は、パンドラを見付け出し破壊することで、父親の仇討ちを果たすため、現在怪盗キッドとなり宝石を盗み続けているのです。

黒羽盗一の死因の詳細は「黒の組織に殺害された」ということ以上触れられていないのも、黒羽盗一が現在も生きていることへのフラグだったのではないでしょうか。

 

怪盗コルボーの正体は黒羽盗一と判明

怪盗コルボーとは、初代怪盗キッド黒羽盗一の弟弟子を自称する、2代目怪盗キッドの宿敵とされている怪盗のことです。

ラスベガスを拠点とし、姿は怪盗キッドにそっくりですが、身に着けているコスチュームは怪盗キッドの真逆の真っ黒と、謎の多いキャラクターとしてその正体を疑問視されていました。

しかし、2024年公開の劇場版「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」では、黒羽盗一が生きていたことと共に、怪盗コルボーとなっていたことが明らかになりました。

黒の組織に殺害されたといわれていた父親・黒羽盗一は、宿敵怪盗コルボーとなり、怪盗キッドの近くで息子・黒羽快斗を見守っていたということのようです。

 

\完全限定生産/

 

まとめ:怪盗キッドの父親・黒羽盗一は現在も生きていた

今回の記事では以下のことについて詳しくまとめてみました。

  • 怪盗キッドの父親は現在も生きていることが判明

  • 黒羽盗一の死因は黒の組織によって殺害された

  • 怪盗コルボーの正体は黒羽盗一

 

今回、怪盗キッドの父親は生きているのか調べてみたところ、2024年に公開された劇場版「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」の新情報により現在も生きていることが分かりました。

また、黒羽盗一の死因も調査しましたが、黒の組織によって不慮の事故に見せかけて殺害されたという調査結果に。

怪盗コルボーの正体は黒羽盗一で、怪盗キッドで息子の黒羽快斗を近くで見守っていたようです。

新情報が気になる人は、ぜひ劇場版「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」を実際に視聴してみましょう。

 

\数量限定販売/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です