ワンピース実写の評判や感想はひどい?大コケ予想や海外の反応も調査

ワンピース実写の評判や感想はひどい?大コケ予想や海外の反応も調査
ワンピース実写の評判や感想はひどい?大コケ予想や海外の反応も調査
アニメ

 

この記事を読んでいる人は、

「ワンピース実写の評判や感想はひどい?」
「大コケ予想や海外の反応も知りたい

と思っているのではないでしょうか。

しかし、いざ詳しく知りたいと思っても、出ている情報が少ないため、どれを見ればいいか分からず困ってしまいますよね。

では、ワンピース実写版はどのような仕上がりになっているのでしょうか?

そんな人のために今回は、

  • ワンピース実写の評判や感想はひどいのか徹底追求
  • 大コケ予想や海外の反応も調査

上記の内容で記事を書いてみました。

この記事を見れば、ワンピース実写版を見た人の反応が分かります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

ワンピース実写の評判や感想はひどい?

https://twitter.com/dango_idol/status/1697220510382497907?s=20

製作が発表されて以降、何かと物議を醸しているNetflixでのワンピースの実写版ですが、ついに配信開始されました。

ここでは、作品を見た人の評判や感想はどうなのかを詳しくまとめていきます。

  1. ワンピース実写版が配信開始
  2. ワンピース実写版に絶賛の嵐
  3. 実際に作品を見た人のSNSでの声を紹介

 

それではいきましょう。

 

ワンピース実写版が配信開始

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマンを描いた人気漫画「ONE PIECE」。

2023年8月31日(木) より、実写版オリジナルドラマシリーズとしてNetflixで独占配信が開始されました。

本作のエグゼクティブ・プロデューサーを、ワンピース原作者である尾田栄一郎氏自身が務めることでも話題に。

脚本は海外ドラマシリーズ「エージェント・オブ・シールド」のマット・オーウェンズ氏と「LOSTのスティーブン・マエダ氏の2人が手掛けます。

 

ワンピース実写版に絶賛の嵐

映画批評家や一般視聴者による評価が、映画・ドラマ作品を評価する、人気の批評サイト「ロッテン・トマト」によると、ワンピース実写版の映画批評家平均スコアは85%、視聴者評価は96%とのこと。

実写化作品というのは「ファンだから高評価をするのは当たり前」という考え方はなく、クオリティが期待に達していなかったら、原作ファンの評価は厳しくなり、スコアも落ち込む傾向にあります。

過去にNetflixにより実写化された、大ヒット漫画「デスノート」と比較してみると、平均スコアは批評家が36点・一般視聴者が23%だったので、85%・96%という数字がどれだけ高いか分かるでしょう。

とくに名作といわれる作品が原作だった場合、実写版がそれに及ばないとファンは猛反発するといわれているので、今回のワンピース実写版はすでに大成功といえるのではないでしょうか。

 

実際に作品を見た人のSNSでの声を紹介

https://twitter.com/_R_3_1_0_1_4_/status/1697883011591835994?s=20

やっぱり何度見ても「ONEPIECE」のロゴの変化と手配書がそれぞれ個性を生かしててかっこよすぎる。 実写版ワンピース、エピソードの入り方が最高すぎるよ…

昨日から配信してる実写版ワンピース見てたんだけど、ゾロの過去で自分が大好きな「外国人が一生懸命再現しようと努力して作ったんだけど何かが違う日本」が久しぶりに見れてテンション上がったw

実写版ワンピースはアーロン一味の特殊メイクがクオリティ高すぎて歩いてても自然にしか見えないな… オフショ本当にシュールすぎて良

シャンクスの腕を食べた怪獣のクオリティはさすがハリウッド

ワンピース実写版完走!気になる点があるのはもう仕方のないこと。そもそもが無理ゲーですもの。それでも海外ドラマとしてちゃんと楽しかったので満足。 一番好きなのはミホークの戦闘シーン。 麦わら一味のやないんかいっていうね。

実写版ワンピースのくいなブスすぎて辛いwwww

実写版ワンピース、あまりに公式が絶賛していて逆にヤバいんじゃ…と警戒していたら「東の海編にガープを投入して海賊VS海軍を強調する」というIF改変が上手く機能していてキャラ解釈の違和感を差し引いても普通に面白い

 

 

ワンピース実写版大コケ予想や海外の反応も調査

https://twitter.com/MCU_beginner/status/1697021385330053254?s=20

作品の作成が発表された当時は、大コケ予想も多かったワンピース実写版ですが、一体どのようにして評価が変化していったのでしょうか。

ここで詳しく解説していきます。

  1. プロモーション活動で大コケ予想を覆した
  2. 全世界で高評価を得ている

 

それではいきます。

 

プロモーション活動で大コケ予想を覆した

人気作品の原作が実写化さえれるときは決まって、大コケ予想はされるもので、今回のワンピース実写化も配信前は賛否両論がありました。

今回の実写版では、主人公のルフィー役にメキシコ人俳優イニャキ・ドゴイ氏が抜擢、日本人にはまったく馴染みのない外国人俳優という点でも否定的な意見も多くありました。

そこでNetflixは、「イニャキ・ドゴイ氏どんな人なのか?」「何処まで原作をリスペクトしてくれているのか?」「そしてどんな人柄なのか?」などと、事前に徹底的なプロモーション活動を実施。

原作者の尾田栄一郎氏のと対談動画も配信するなど、ドラマ配信開始までの短期間で、全世界にイニャキ・ドゴイ氏の素晴らしい人柄を広められた点に成功の鍵があったのではないでしょうか。

 

 

全世界で高評価を得ている

「ネットフリックス週間グローバルトップ10」によると、ワンピース実写版は世界初登場1位という好スタートを切ったようです。

国別のランキングランキングを見てみると、アメリカや日本を含む46か国で堂々の1位を獲得。

93か国でトップ10入りしているほど、現在世界中で高評価を得ているようです。

ワンピースのストーリーは人気で感動ものばかり、今愛の作品が高評価を得たことで、今後は違ったストーリーの続編も描かれることでしょう。

 

 

 

まとめ:ワンピース実写版は世界中で高評価を得ている

https://twitter.com/il_i0y/status/1698039373382725646?s=20

今回の記事では以下のことについて詳しくまとめてみました。

  • ワンピース実写の評判や感想はひどい?実際は絶賛の嵐

  • 大コケ予想を覆して海外の反応も最高潮

 

ワンピース実写版は配信前の評判や感想はひどいことになるのでは、といった否定的な意見も多かったのですが、蓋を開けて見たら作品の完成度は高く、絶賛の嵐のようです。

当初の大コケ予想を覆して、海外の反応も最高潮に達しているようです。

ワンピースの実写版はNetflixに登録すれば、誰でもみられますので、ぜひ皆さんも実際に視聴してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です